Cut Cuter Cutest

革を切り出す。

OLFAの黒刃で切り出す。


カッターの作業なんてどうってことないのに3種類切り出すと人差し指から親指にかけて痺れ発生。
これが革屋さんの言うてた「分厚いですよ。」ってことなんかな。


たぶん肩にが入り過ぎてただけ。

3〜4回なぞれば切り離せる。定規もいらん。

垂直に切り離せるように丁寧にいかねば。特にコーナー部分。


金具部分の穴を開けてとにかく目打ちしないと次の段階には進めない。

しっかしタンニン鞣しの皮革は硬いな。(タンニン鞣しの革しか知らんけど)

began

始まった。

ファスナー付けてってます。5時間で100cm進行したので20cm/h。

本体生地部分はレザーと縫い目を合わせる必要がある事が分かったので生地にも目打ちしないといけない。なので本体部分とレザー部分は同時に仕上げていく。

そもそも4mm厚レザーと0.75mm厚生地の縫い目を合わせれんのかどーかも問題。

何とかなる。何とかする。

ファスナーはYKK社製のエクセラを始めアクアガード、シンメトリック、コイルをチョイス。てかランポ、リリなんて高くて買えん。

何でこんなに色々なファスナーを使うってもちのろん、テストです。

経験としてはアクアガードはシール部分(生地部分?)が劣化してくのが早い気がする。

コイルファスナーは安定の品質。スライダーも多彩。摩耗もマシやし。ただ、生地とエレメントの色は別々に選べない。ちなみにメッキ色のコイルファスナーもある。

メタルファスナーは方向によって引っかかる感がある。けど色・スライダーを含めて多彩。

エクセラ、シンメトリックは知らん。値段は高かった。初めてやから楽しみ。

ファスナーの使い勝手なんてネットのレビューはあんまり当てにならん。使ってみて考えるのが一番。

Test

子供達(愛している。)がテスト前です。

僕はテストばっかりしてます。

テストです。バックパックの。

生地はペケポン柄の生地にしてみるつもりです。ボンディング(異種の生地を貼り合わせたヤツ)された生地の耐久性はどんなもんなのかテストを兼ねて使ってみたい。


【キャンバス生地+x状の糸+PPフィルムの三層が貼り合わせてある生地】

焼付塗装した金具もテストしてるけどどうも上手くいかない。

金具の表面をダイヤビットで荒らして塗料を塗る→焼く→軽く擦る。

…永遠に色落ち…する。

色味はめっちゃ好みやのに。

下地を塗らないと金属(真鍮)に塗料が食いつかないみたいです。

そうなると色落ちして来た時にどうなるんやろなぁ。下地見えたらイヤやな。やめとくか。

いや。

けど。

テストしたいなぁ。