Do Dame

読売テレビの土曜はダメよ。の取材。

一般市民からの三択クイズを番組ゲストが答えるっていうコーナーとの事。

事の始まりは10/28に出店してた万博のイベントで取材を受けて今回の事態に発展。

それでもきっと使える画じゃなかったら使えんのやろうなぁ。動画のネタ探しと編集は大変だ。

とにかく万博出店時のタイミングが凄かった。

吉本の芸人さんがたくさん出ている中、僕の知る数少ない芸人さん[笑い飯]をメシ食いながら見ようとした瞬間、お姉さんとキャメラマンが寄って来た。

「あの、少しお話いいですか?」

「サンドイッチを頬張りながらでもいいですか?」

「はい。」

なので出店してるのにサンドイッチをモグモグしながら受け答えしてます。

クイズも作ってみたら一発目はダメ出しを頂きました。

↓コレ(あなたはわかるかな?)

Q. 赤くて丸くてジューシーな果物は次の3つのどれ?

1 リンゴ

2 ナシ

3 ジャガイモ
「……ダメです。」

「あ、だめ?」

「ダメです。」
ってなっちった。

お姉さんの提案で楽器のアクセサリーの問題を出題する事になりました。

さすがテレビの人、グッドアイデアグッジョブだぜお姉さん。

なので取材されました。

放送されるなら12/16です。10chです。

TVの時間をモノ作りしとるからなかなか芸能人を覚えれない。

【WA】

和太鼓。

祭り囃子。

なんであんなに高揚するんだろうか。

日本人の遺伝子なのか。

むしろ人間としてなのか。

以前、出店していた【大阪博】で東 宗謙さん(太鼓センターのボス)と話す機会があったので聞いてみた。

「なんであんなに芯の部分から興奮するんですかね?」

ってジンジャーエール片手にお喋りすること20分くらい。(なんせALCoholicHolidayなので飲み物を渡しまくってた。)

どうやら和太鼓っちゅうのは耳で聴こえるのはもちろん。

肌で聴き取れるらしい。

耳の聞こえない人達で構成された和太鼓チームがあるとの事。

震えたわー。

いや、祭り囃子とかで高揚する感覚は覚えてたんやから身体はすでに知ってたっていう…

自分の感覚を信じれていない事を見事に暴かれた感じもする。

凄いなぁ。

耳じゃなく、その他全てで音頭を感じ取る。

打ち、響かせる。

もちろん、チームで。

んんんー。なんとゆーか。文章にできん。

けど、改めて自分に対して向き合うキッカケにはなる。感覚って凄い。

そうそう、そんなこんなで和太鼓の張り替えた皮革を譲ってもらえる事になった。

めっちゃ硬い。パッキパキ。

いいモノ作れそう。ありがたい。

しっかし硬い。

Tower of the Sun

長雨が続いた。

台風21号と総選挙の嵐で日本列島に久しぶりの陽射し。

今週末(数時間後ですが)、10/28(土曜日)に万博で出店します。

「大阪文化芸術フェス2017」

日時:10月28日(土) 11:00〜16:00 

場所:万博公園:お祭り広場
かまんじょいなす。
ああ、バックパック制作。

【床革】という練習用のような革で底面部を仮組みしてます。


着実に失敗を積み重ねつつ成長の一途を辿っております。

人生初の洋裁とレザークラフト。まだまだこれから。

まだ楽しさを味わえてない感。

何が難しいって全て難しいというかややこしい印象です。パターン引ける人の脳内ビジョンをVRで体験したい。