【Talk】

 

2014人で乾杯プロジェクト、SOUNDMESSE2014、阪急うめだ本店、BODAIJU EXPO3。

年内の展示イベントが終わりました。

その中で「音楽を真ん中に置いて制作しています。」

って思ってるし、コンセプト等のお話をする際に使うんやけど。

本当に真ん中に置くつもりでいないと危ないなぁって。

っても自分で言うてんねんからワケ無い、笑けない。笑えない。

【音楽】ってあまりに身近でそれこそ寝る事や食べる事、性欲とか空気みたいに近い。というより、ここ日本ではなかなか離れられない。

お客さんと会話してても「音楽がそばにある」なんて意識してない人の方が多い。

それを”真ん中”に置くって言うのはある意味何でもありってなわけで。

そうなると何を作るかってことも、何を伝えたいのかってことも全て何でもよくなりかねへんから”本当”に真ん中に置かないとあかんなぁ、と。

二次元でもなく。

より立体的に。

深さを出してその真ん中。

僕の決めた真ん中。

その真ん中からぶら下がったり、引っ張られたり。繋げたり繋がれたり。

惰性でいくらでも行けてしまうなぁ。

なんかどーも、最近ゆるんどる気がしてならん。

信じ抜くべきは己。

知るべきも己。

身近にして深い。

身近やから深いんか。

身近やからこそ皆それぞれの音楽があって。

せっかく身近やねんからそこを伝えたい。とゆーより、そこを作りたい。

まず己。他人はどうでもよろしい。

次に目の前の人。

そこはいつもの通り。

伝えたいって言うならまず作って。

そのアイテムで伝えんかい。と思う。

己が無いままやと自分と他人の境界線すら無くなるのはよくわかる。よくおる。

音楽も一緒。

語らうより聞く方が話早い。

たまにおるやん。

何も持たんと絵描きが絵はなんじゃかんじゃ。

服好きがファッションはなんじゃかんじゃ。

音楽好きが音楽はなんじゃかんじゃ。

作り手がアクセサリーはなんじゃかんじゃ。

…見せていただきたい。もしくは聴かせてほしい。

俺には何も伝わらん。

他の人は楽しいんか知らんけど。

己の主張の入った実物。服装。態度。言葉。生き方。

最低限、俺に伝わる何らかの媒体。

そこからしか【楽しさ】を生み出すことはできひんかと。

 

 

ええのん作りたい。

目の前の人間を絶句させたい。イカせたい。

【the Pot】

 

今回の展示。

【何ニ注イデ、何を育ムノカ。】

嬉しかったのは前回の僕たちを覚えていてくれた人がいたこと。

音楽を真ん中に置いたコンセプトに共感してくれる新しい方々がいたこと。

コンセプトアイテムは音楽記号を施したドクロの植木鉢でした。

アイテム詳細は【the Pot】のページにアップしてますが。

そこでなにより嬉しかったのは「このドクロなら欲しい。」と何人かに言ってもらえたことです。

相変わらずです。やっぱりその言葉は嬉しい。

そう言ってもらえた中のお一人はドクロが嫌いやったそうです。やのに「このドクロは好き。」との事。

嬉しかったー。

怖いと思うんです。ドクロって。スカルって。

アクセサリーにするにしてもなんであんなにたくさん扱うのかわからんくらい、アクが強い。

81’sとしては人種や性別に関係なく”人間の中身はみな同じ”やろ。と。

ホンマにそう思ってるんです。それでドクロなんです。音楽なんです。

国境もなく、人種の壁もない。言語の壁もなく。(英語しゃべりたい。)

いい音楽って世界に拡がるから。

そこらへんのお話をさせて貰うことはたまーにあるんですけど、話をする前に意図が伝わったみたいで嬉しい瞬間でした。

だいたいの世界ではドクロて怖いモチーフやと思われててもいいです。

けど、”the Pot”のドクロを見かけることでたったの一人でも意識が変わる、変わった瞬間を見れたんが凄く嬉しかった。

地球の中の世界の中の日本の中の大阪のホテルの中の一室の中に展示した「何か」を見かけて一人の意識が少し変わる事が新しいこと全ての始まりやと思ってます。

大真面目に。

ドクロの話をしたその人にも「何かを注げた」のかもしれません。

その後、何を育むのかはその人次第ですが、僕も僕なりにモノ作りに注いで様々な何かを育みたい。

フレンチでした。

Original photos by 神森豊