【 It isn’t Safety 】

ぶっ壊れてる。

MADE IN JAPAN。

法令表記の事やない。

わざわざこれだけを印刷したタグぶら下げてはるブランド。

元も子もないとはこの事。

見てて恥ずかしい。やり過ぎてもう超かっこいい。

もうぶっ壊れてるで。

【安心・安全の日本製】なんて。

そしてもう帰ってけーへんよ【安心・安全の日本製】なんて。

「おわ、これめっちゃええな。どこのなん?」

「へぇ、しっかり作ってんなー、どこで作ってるん?」

「わわわ、これどこ?どこに売ってるん!?」

そらそんなええモノばかり作って溢れ返る国なら掲げてもいいかもな。MADE IN JAPAN。

結果として日本製が素晴らしいならええよ。めっちゃええな。

掲げてもたら終わりやろMADE IN JAPAN。

それともタグにしてぶら下げたらお金もらえるんか?

それはそれでぶっ壊れてるな。MADE IN JAPAN。

そこまで壊れてるんならそれはそれでええか。

So COOL JAPAN.

そう、狂うJAPAN。

【 WHOO”DEAD” 】

「安い服を買った。」

人によっては安くないんかもしらんけどそれはまぁ置いといて。

買い値はセールなので¥5,000ほど。

好みやったんで買いました。

ここんとこのハイテク素材ではなく綿とポリエステルのアウター。裏地はポリエステルのタフタ。

脳ミソのどっかにチリチリするモノ作りとしての何か。

生地の買い付け。

デザイン。

パターン。

裁断。

縫製。

付属品の加工。

スナップボタン数十箇所。

ドローコードの編み紐。

仕上げ。

ネーム・タグ類。

梱包。

どれ一つとっても俺にはできんのです。

全部で¥5,000くらいです。

縫製の糸すっげぇ細い。

糸の始末荒い。

めっちゃ気に入ってる。

すぐ壊れそう。

業界の人が口々に言います。僕も思います。

「そんな安い服。どっかで誰か泣きながら作ってるで絶対。」

その通りかもしれません。

けどそのお陰で日々の家族の生活が成り立ってるんかもしれません。

買ってみた僕は思いました。

誰かがムリして作ってるのは特に気にしなくてええんちゃうかと。ええのんが出来てるなら。

問題はムリして作る工程が積み重なると安かろう悪かろうになる確率が高くなるんやろうと。

モノ作りのこだわりも楽しさも何にも無くなって作ってるから何処にも本質的なモノ作りの責任が取れんのちゃうかと。

結果、服を作る最低限の工程を経てるのに良いモノ悪いモノがあるんやろうと。

カッコいいのに。モロい。糸さえしっかりしてたら長く着れるのに。

せっかく裁断してるのに、せっかく縫製してるのに、せっかく加工してるのに。

もったいないなぁ。なんか。

少なからずこの買い物に関しては袖がもげても文句は言いません。

言えません。

それにしても量販店へ足を運んでみるのもまた面白い。

外に出るのは大切。

【Chain】

マリーナチェーンをルーツとしてシルバー&ブラスのコンビチェーンを制作中。

とはいっても1stサンプルからすでに5回目のワックス原型でやっとカタチになった過去最高失敗回数。

何となく感じる事なんやけど、日常生活の側にあるモノで妙に上手く出来てる金物がわりとある。

ベルト、メガネ、ボタン。

鍵や蝶番、ドアノブとか。

その一つにある【鎖】。

歴史も古い。とてつもなく。

そりゃあ更新してまう失敗回数。

本当は4回目のキャスト(鋳造:ワックス原型を銀などに流し替えること)で上手く行くはずやったんやけどもいつも通りのオチでした。着用で不具合発生。

んー、なんとも。ちょっと予想はついてたんやけど。

とはいえ良いモノ作りたいて言うてんねんからコレもいつも通り。

ドン底にヘコみつつ取り組む。

ドン底で毎日毎日考える。

1日ずつ、一歩ずつ。

次へ次へ。

そして完成したチェーンの1コマ。

そして見える問題点。

接続金具部分どーしよう。

相変わらず。

チェーンのことばっか考えててアクセサリーとして抜けてた。てへぺろ。

まだまだ視野が狭い。

まだまだ未熟者。