【EN】

音楽にも色んなカタチがあって。

ギター・ウッドベース・ドラム。

バイオリンとアコースティックギター。

エレキベースとピアノ。

チェロのみ。

パートっていうのがあって。

パートごとにその楽器だけが奏でる音を出してる。

それだけが違い。

それ以外に定義は無い。

構成もメロディーも全部何でも良い。

何でも良いだけに難しい。

多くても少なくても良い。

けど手抜きの音が混じるとグルーヴは走り出さない。

テンションがズレると炸裂しない。

楽器ができるわけでもなんでもないですがオーディエンスは生半可なプレイできっと感動しない。

話は変わらないよう変わりますが先日の話です。

2015.8.1(sat)に6本の狂ったハガネの振動課 三嶋大輔課長が結婚式を挙げました。

素直に「おー!結婚した!」って。嬉しくて。

大輔に家族が増えたのです。兄弟も。姪っ子も。

そんな時にふと思ったのが大輔の人生をバンドに置き換えてみよう。って想像してたら面白くなっちった。

何でも良いねんけど例えばドラムパートが家族だとして。

友人がベースパート。

大輔は…ギターパートか。ギターしとるし。

趣味繋がりの知人はキーボードパート。

クライアントは照明。

仕事の同僚がPA。

これまでは自身の家族・友人・仕事の同僚・81’s繋がりの知人やクライアントなどなどのパートで音を鳴らしていた大輔にYちゃんとその家族が増えた。

きっと図太く、よりバリエーションの増えたドラムのサウンドになるんだろうと。

良い緊張感(テンション)でギターも弾けるんやろなぁと。

よくある話やけどどっかのパートを蔑ろにしてる人の音って微妙で。

往々にしてその手の人は蔑ろにしてる事を隠してますけど。それがまた残念。

逆に先行してるイメージのギャップで凄く各々のパートを大切にしてるのが聴こえたりするとより一層良い音になるし。

それでもそれでも自分のパートしか考えていない姿勢でも周囲が認めてたらええ音になるんです。あんまおらんけど。

ドラムを蔑ろにしても。

ベースを蔑ろにしても。

ギターを蔑ろにしてもあかん。

どのパートを蔑ろにしてもあかんのです。

かっちょいいバンドはグルーヴが走るバンドは全部が鳴ってるみんなが絡んでる。

話を戻してその全部で大輔のバンドサウンド。

どんなカタチでも大輔のオリジナルサウンド。

関わる全ての人達を通して出てくる音。

バンドのサウンドにどう変化が起きたのか起きていくのか。楽しみやなぁ。

良い音を出せるかどうかが常に焦点。気張りよし。本当おめでとう。

リングとウェルカムボード&フレームを作りました。

【”EN”counter】(全ての出会いに感謝 w/a 電撃) and 【Gt.strings flame】(ギター弦で刺繍を施したフレーム)

ええのんできましたえ。

なんか、まさしく一対【itzwi】。

【Talk】

 

2014人で乾杯プロジェクト、SOUNDMESSE2014、阪急うめだ本店、BODAIJU EXPO3。

年内の展示イベントが終わりました。

その中で「音楽を真ん中に置いて制作しています。」

って思ってるし、コンセプト等のお話をする際に使うんやけど。

本当に真ん中に置くつもりでいないと危ないなぁって。

っても自分で言うてんねんからワケ無い、笑けない。笑えない。

【音楽】ってあまりに身近でそれこそ寝る事や食べる事、性欲とか空気みたいに近い。というより、ここ日本ではなかなか離れられない。

お客さんと会話してても「音楽がそばにある」なんて意識してない人の方が多い。

それを”真ん中”に置くって言うのはある意味何でもありってなわけで。

そうなると何を作るかってことも、何を伝えたいのかってことも全て何でもよくなりかねへんから”本当”に真ん中に置かないとあかんなぁ、と。

二次元でもなく。

より立体的に。

深さを出してその真ん中。

僕の決めた真ん中。

その真ん中からぶら下がったり、引っ張られたり。繋げたり繋がれたり。

惰性でいくらでも行けてしまうなぁ。

なんかどーも、最近ゆるんどる気がしてならん。

信じ抜くべきは己。

知るべきも己。

身近にして深い。

身近やから深いんか。

身近やからこそ皆それぞれの音楽があって。

せっかく身近やねんからそこを伝えたい。とゆーより、そこを作りたい。

まず己。他人はどうでもよろしい。

次に目の前の人。

そこはいつもの通り。

伝えたいって言うならまず作って。

そのアイテムで伝えんかい。と思う。

己が無いままやと自分と他人の境界線すら無くなるのはよくわかる。よくおる。

音楽も一緒。

語らうより聞く方が話早い。

たまにおるやん。

何も持たんと絵描きが絵はなんじゃかんじゃ。

服好きがファッションはなんじゃかんじゃ。

音楽好きが音楽はなんじゃかんじゃ。

作り手がアクセサリーはなんじゃかんじゃ。

…見せていただきたい。もしくは聴かせてほしい。

俺には何も伝わらん。

他の人は楽しいんか知らんけど。

己の主張の入った実物。服装。態度。言葉。生き方。

最低限、俺に伝わる何らかの媒体。

そこからしか【楽しさ】を生み出すことはできひんかと。

 

 

ええのん作りたい。

目の前の人間を絶句させたい。イカせたい。