【 papasan 】

子供の頃から欲しかったバイクを38歳になってやっと手に入れた。

【 通称: パパサン 】

20年。

色々あったし、今も18歳の時とあんまり変わらず余裕なんて無い。

所有したバイクはJazz50(1989)とDS250(2001)に乗っただけ。

後はジジのGSX250SS(年式不明)とVTR250(2000)。沙奈プーのLittle Cub(2000)。

色んなバイクが気になるけどアレコレ買える余裕なんて全然ないもんやから「もうパパサンに乗ってから考えよう!それまでバイクは買わへん!」って決めてた。てか言うてた。沙奈プーにも。

パパサンの何が好きだったのか、なぜ乗りたかったのかすらわからないくらい時間が過ぎてしまった。ただただ「欲しいなぁ。」って。

20年かかった道のり。そんなルートも悪くない。

ちょっと長かったけど。

ちょっと時間掛かったけど。

これが僕の最短ルート。

父親になって20年。精神的にもそれなりに成長した。

ちょっと古いパパサンやけど、それはお互い様。

バイクも人も含めて時代は移ろぐもんだ。このバイクが欲しかった年齢は今や我が子の方が近い。

感慨深いな。

「家族みんなで祝ってもらえる時までパパサン買わない。」

その時が今。

きっともっと楽しくなる。パパサンがあればね。

そして僕のアイデンティティ(ID)になる。パパサンはね。

っても[ パパサンアール ]みたいです。

まー、パパサンです。パパサンでアール。

年式は2000年か2003年のパパサンを探してました。これは意図的に。子供の生まれ年なので。

燃料供給方式は[ キャブレター ]。

エンジンマウントが[ リジットマウント ]。

コレは意図したわけではありません。

僕が大型免許を取得できる年齢の頃に販売されていたスポーツスターが2000~2003年モデル。

奇しくも2003年はHarley-Davidson社100周年でもありました。

歩夢(愛している。)の生まれ年でもあります。

一般的には【 キャブレター方式 or F.I(フューエルインジェクション)方式 】の選択。

それと【 リジットマウント or ラバーマウント 】の選択。

上記の2点においては年式によって大きな違いがある為、かなり迷えるみたいです。(幸せな迷いですな)

フォルム的に細めのスポーツスターが欲しいなら2003年式以前になるのかな。

いや、カスタムしちゃえば細くできるのか。

細かいレビューはこんな世の中なので調べれば出てくるんじゃないかな。(スポーツスターのブログ、たくさん見たよ。楽しい。)

僕はこの年式1択だったので迷いはありませんでしたが、調べていると確かに大きな違い。

スポーツスターも進化してんだなぁ。

僕、スポーツスターってあんまり変わらんと思ってたよ。変わるんだね。

燃費向上。

乗り心地改善。

燃費が悪くて乗り心地が悪いの買っちゃったぜ。しかも古いぜ。

[ 走らない・止まらない・曲がらない ]

最高か。誰やこんな名言を紡ぎ出したのは。

[ 走らせる・止める・曲げる ]ってことですね。

それもこれも中学生の時、近所にあった服部モータースで僕を後ろに乗せてくれたハーレー乗りのオッチャンと店員さんが悪い。(ありがとう)

それさえなければ今、ジジが乗ってるCBR1000RRに目を輝かせていたかもしれないのに。(「あげる。」って言われたけど、「いらない。売りなよ。」って言った。)

そしてスポーツスター乗りって【ハーレー】ってのを意識しない人達もわりといるって話。

確かに僕もハーレーの事あまり知らない。【 スポーツスター 】が欲しかっただけだ。しかも2000~2003年式の。ピンスポット過ぎた。

他に知ってる単語といえば、生まれ年である1981年のエンジンモデル→ショベルヘッドくらいかな。

あ、ディーラーにも行ったけど。

48(フォーティーエイト)はカッコ良かった。カッコ良すぎ?る?完成してる。アレ、出来上がっとる。

まー、結局のところ僕はスポーツスターが好きらしい。

前のブログにも書いたけど、スポーツスターの魅力が既によくわからん…

乗りやすく…はないしな。

いや乗りやすいか。いや…

カッコ良く…はない気がするな。

いやむしろダサいのかもしれないがそれがカッコ良いのか。いや…

……

………

わからん。

そんな感じのスポーツスター。

愛らしさ?みたいなのは在ると思います。

なんか、うるさくもないし。街中流してても気持ちいいし。バイクに乗ってる満足感は得れるし。

僕の好きな【日常】と【無常】な感じがあります。