【Side & Front access】

フロントとサイドに荷室へアクセスするファスナー。

サイドファスナーはマルチレイアウト可能なポケットの邪魔にならないように気を付ける。

【サイドからアクセスできるファスナー】

シンメトリックファスナー(YKK)5番を採用。

品番は【5 CNT8 580 DFBW(X6)-2T 30.0C】

……

………

…………

……………

まぁ、どうでもいいですよね。品番なんて。

けど分かる人はこの品番で9割把握できるみたいです。樹脂や金属ファスナーのタイプからエレメントやテープのカラー、スライダーの種類・位置。オープンタイプなのかクローズたいなのか、ロック機構の種類や有無まで。

マニアック過ぎるぜファスナーさんよ。深い。

エヌケイファスナーさんにお世話してもらいました。非常に愉しかった。

このファスナーはカバン用に作られたファスナーなのでダブルジップのオープンファスナーはラインナップされていない。

エクセラシリーズ(なかなかいい値段しはる)のマットブラック(さらに値段UP↑してた)が廃番なだけに残念。

スライダー引き手の紐は安定のワックスコードで編み上げ。Gt. Ba. 弦のボールエンドも組み込み済み。

【シンメトリックファスナー】

ファスナーは尻合わせでオーダー。

スライダー引き手の上部分は編み込み風味。下部分はタッセル風味。

タッセル風味のヤツ、少し引っ掛かりやがる。調子に乗ってもた。

本当はファスナーを隠す感じで生地を被せようと思ってたけどやめた。

防水性などは高まるのかもしれないけど荷室へのアクセスが悪くなるのが嫌なので。

見切れているのが長財布を入れた感じのサイドポケット。【アコーディオン式】なので閉じた状態で財布入れにはちょうど良い。

【フロントアクセス半開状態】

エクセラ5番の逆開(ダブルジップのオープンタイプ)を2本使用。

フロントアクセスのセンター部分にスライダーが来るように配置。

開け閉めを考慮してエレメント部分が立ち上がるように縫製。

【逆開ファスナーを2本使用する事でフロントパーツが外れる】

パーツが外れるようにしたかったので逆開オープンタイプを2本仕込んだ。

もちろん逆開きなので上側からファスナーを開くことも可能。

荷室の背面部分はハトメ(様々なメッキ類のテストも兼ねる)を打ってレースアップできるようにした。

コードストッパーでレースアップ可能にした紐は反射するパラコードを使用。

背板を使うならここに入れるようにしようと思っている。折れた場合などの取り替えも簡単やしね。

フロントパーツが外れることでエクセラの5番を使えば別生地で新しくパーツを制作する事もできる。

過去にも【サイドポケット】・【フラップ・ベルト】が交換可能な事を記事にした。

色や生地を変更できるバックパック。最高。